アレンジ卵焼き ~ミニオン・ケーキ・おにぎり・サンドイッチ風…!?我が家の人気ランキングを発表します~

こんにちは。なすママ!です。

今日はアレンジ卵焼きについて書きたいと思います。

我が家はお弁当を作る際に必ず卵焼きを焼きます。

我が家は男の子ばかりなので、お弁当には揚げ物やハンバーグなどの茶色いおかずがリクエストされることが多いため、この卵焼きは彩りを添えるといった意味でも重要な役割を果たしてくれます。

そのまま入れても十分、存在感を放ってくれる卵焼きですが、少し手を加えることで、簡単に、より子供に喜んでもらえる存在になります。

今日は子供たちに好評だったアレンジ卵焼きの数々をランキング形式で紹介していきたいと思います。

アレンジ卵焼きランキング(4位→1位)

4位 サンドイッチ風卵焼き

卵焼きの真ん中に包丁で切れ込みを入れて、具を詰め込んであります。手前から『焼鮭と胡麻』『ほうれんそうの胡麻和え』『きんぴらごぼう』です。単品では食べないおかずも、この形態にするとあっという間に食べてくれます。他にもキムチ、ひじき、大根おろし、納豆、しらすなんかを入れてもおいしいです。

3位 おにぎり風卵焼き

卵焼きを普通に焼き、熱いうちにラップで包み三角形に成形します。冷めたらお好みの厚さにカットして、のりを巻きます。

2位 イチゴのショートケーキ風卵焼き

卵を2個使って作っています。白身1個分をカニカマを芯にして焼き、残りの黄身1個分と全卵を混ぜたもので巻きます。

これを下のように切って、イチゴに見立てたケチャップを乗せて、お皿に盛り付けました。

1位 ミニオンの卵焼き

のりとスライスチーズでトッピングしてあります。のりのカットにははさみと100均で売っているのりパンチを使いました。

チーズは100均で売っているデザインカッターを使い、丸く切りました。大きな丸ははさみでも切れますが、小さいものはデザインカッターをを使った方が簡単・きれいに丸を作ることができます。

最後に

いろいろな食べ方のある卵焼き。切り方を少し変えたり、混ぜ方を工夫しただけで、いろいろな楽しみ方をすることができます。

どれも基本の黄色い卵焼きを作ることができる方は、簡単に作ることができると思います。興味のある方は、ぜひ作ってみて下さい。

本日の記事は以上になります。最後までご覧下さり、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする