ハート型のハンバーグを作るコツ

こんにちは。なすママ!です。

今日は、バレンタインということで、夕飯にハートのハンバーグを焼きました。(ハンバーグは長男のリクエストです。)

いつもの小判型にくらべ、ハート型にハンバーグを成形すと、崩れやすい(ひびが入りやすい)ため、私なりにいくつかのコツを押さえながら作るようにしています。今日はそのコツを紹介したいと思います。

ハート型ハンバーグのコツ

1.玉ねぎはできるだけ細かいみじん切りにし、必ず炒める。

こうすることで、生地と玉ねぎがしっかり混ざり、きれいに成形することができます。また、玉ねぎを炒め、しっとりさせることで、空気の入る隙間が減り、ハンバーグをひっくり返すときに崩れにくくなります。

2.焼く前にしっかり空気を抜き、ハート形を成形する。

これは小判形のハンバーグを作る際にも言えることですが、生地の空気をしっかり抜きます。ペタペタと数回両手を使ってボールを投げるようにして空気を抜きます。その後ハート型に成形します。

ハート形の成形の仕方はいろいろありますが、私はこの方法でしています。手書きの説明で分かりにくいかもしれませんが、よかったら参考にしてみて下さい。

3.生地は焼くとふくらむので、表面は平らにする。

4.生地を焼く際、ひっくり返すのは1回だけ。フライパンで表面を焼いたら、仕上げはオーブンで焼く。

小判型のハンバーグを作る際は、フライパンで表面を焼き、水を入れて蒸し焼きにする派の私ですが、ハート型にする際は、オーブンを使っています。蒸しやきにすると、水がフライパンのそこで水がぼこぼこ沸騰し、その振動がハンバーグに伝わり、崩れてしまうことがあるからです。しかし、フライパンでもしっかり空気を抜き、薄目に形成すれば、上手に焼くことができます。

焼くとするとこんな感じになります。

今晩の長男と次男の夕飯では、こんな風に盛り付けてみました。

最後に

ポイントさえ押さえれば、簡単にきれいなハート形のハンバーグを作ることができます。バレンタインや記念日など、特別な時に、旦那さん、彼氏さん、友人、お子さんに作ってみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする