国産の果物や野菜と農薬 ~残留農薬との付き合い方~ 

こんにちは。なすママ!です。

突然ですが、皆さんは、野菜や果物を購入する際、農薬を気にされますか?

スーパーで売られている、有機栽培や無農薬という表示がない野菜や果物は、輸入・国産とわず、基本的に農薬が使用されています。体のことを考えると、できれば無農薬の食材を選びたいところですが、そういった食材は値段が高く、扱っていない店も多いため、なかなか手が出せない方、わりと多いのではないでしょうか。ちなみに私もその一人でした。

しかし、子供が生まれたことで、料理だけでなく、料理する材料にも目が行くようになりました。食の安全に興味がわき、農薬についても、いろいろ調べ、知識を得ました。

今回は、その中でも、日本国内で作られている作物に使われている農薬と残留農薬に焦点をあて、まとめてみました。

農薬が人体に与える影響、農薬の落とし方については『野菜や果物と農薬』『果物や野菜についた農薬の落とし方』にまとめてあります。もしよろしければ、そちらも併せてご覧ください。

国内産の野菜と農薬

先進国の中で、日本の農薬の使用量はどれぐらいなのか皆さんはご存知ですか?量はなかなかピンとこないかもしれませんが、ランキングはいかかでしょう?最近は、無農薬野菜や有機野菜も増えてきましたし、健康への意識も高まってきている。世界の中でも食の安全に対する意識は高いイメージがある日本ですが、農薬の使用量は主要国の中で、第3位の農薬使用量という統計結果があります。農薬使用量3位なのに、農薬について考えたり、安全性を心配する人があまりに少なすぎるのが、今の日本です。

出典)Faostat 

日本で使われている農薬の原料には石油、石炭、リン、カリ等の鉱石類、界面活性剤等があげられます。どれも、普段は絶対に口にしないものばかりです。1度に大量に摂取しなければ急性の中毒等、直ちに人体への影響はありません。しかし、長年摂取することで、遺伝子を傷つけがんを発症させる原因となったり、催奇形性を起こしたりします。催奇形性とは、胎児の発育に悪影響を与えることで、胎児奇形の原因1つです。

日本の農薬使用量が多いわけ

1.高温多湿な環境のため

日本は高温多湿の気候です。この環境は、害虫や雑草が発生しやすいため、品質や生産量を確保するためには、必然的に農薬の使用量が増えてしまう傾向にあります。

2.農地集約型の農家が多いため

日本は世界で11番目に人口の多い国です。しかし、国土面積は60位です。また島国のため、平地が少ないです。その結果、小さい面積を有効に活用し、作物を作る、農地集約型の農業が発達しています。集約型の農業では、それなりの農薬の使用が必要になります。

たとえばですが、日本の人口密度はすごいですよね。大都市になると狭いところにたくさんの人が密集して住んでいます。狭い土地にたくさんの人が住むためには、環境をしっかり整える必要があります。道路や鉄道、上下水道を整備して、都市計画によって居住地域や工業地域を分離する等、それなりのお金をかけて、ルールを決める必要があります。

農作物も一緒で、狭い土地で、作物の密度を高くして、生産量を上げるためには、害虫や雑草をコントロールし、環境を整えていく必要があります。そのために、農薬が必要になるのです。

残留農薬の多い食材

農薬が多いと言っても、育て方や性質によって農薬が残留する量は変わってきます。今回は特に残留の多いといわれている野菜、果物をご紹介しますので参考して下さい。

1.野菜

・ セロリ
・ プチトマト
・ きゅうり
・ ケール
・ ジャガイモ
・ ほうれん草
・ ピーマン
・ 唐辛子 など

セロリやプチトマトはその他の野菜よりも残留農薬が多いため、食べる前は念入りに洗ってください。もし可能であれば、無農薬や有機栽培のもの購入されることをおすすめします。

2.果物

・ リンゴ
・ 桃
・ ぶどう
・ イチゴ
・ ブルーベリー など

リンゴやぶどうなどはしっかりと洗ったのち、きちんと皮をむいて召し上がって下さい。そのまま食べるイチゴはしっかりと洗ってから召し上がって下さい。

残留農薬の少ない野菜

農薬を使った野菜や果物であっても、性質によっては残留農薬の少ないものがあります。

1.野菜

・ グリーンアスパラ
・ きゃべつ
・ アボカド
・ とうもろこし
・ ナス
・ たまねぎ
・ さつまいも など

どれも生のまま食べる機会は少ないですし、皮を剥いて食べるものが多いです。事前にしっかり水洗いし、調理に少し気を遣えば農薬の量はかなり減ると思います。

2.果物

・ パイナップル
・ パパイヤ
・ メロン
・ キウイ
・ マンゴー
・ グレープフルーツ
・ スイカ

果物も野菜と同様、皮を剥いて食べるものが多いです。

最後に

私の認識の中では、日本は薬品に関する規制が厳しいというイメージがあったため、使用量が世界の中でもかなり多いという事実は、とても衝撃的でした。

有機野菜や無農薬野菜はどこにでも売っている訳ではないですし、お値段も少々高いです。最近は、有機野菜は宅配サービスを実施しているところもあり、定期購入する場合は、値段が多少安くなるものもあります。そういったものをうまく活用し、ものによっては、有機野菜や無農薬野菜を選ぶ事を検討してみるのも良いかと思います。

また、食材を流水でよく流す、葉野菜の場合ですと、表面の葉を1枚捨てる、ヘタのある食材はへたを取ってから洗うようなことだけでも農薬の量は抑えられます。

食事は毎日とるものです。毎日の積み重ねが、積もり積もって、健康に影響が出てきます。そうなる前に、一度、食材の選択の仕方や、取り扱い方についてみることをおすすめします。

今回の記事は以上になります。最後までご覧下さり、ありがとうございました(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする