節分と豆まきと恵方巻き

こんにちは。なすママ!です。

昨日は節分でしたね。全国各地でも、豆まき行事が開催されていたようで、その様子が、テレビの様々な番組で取り上げられていました。
我が家でも、今年は豆まきを行い、夕飯に恵方巻きを食べ、節分の行事を行いました。
今年は、恵方巻きに加えてこんな巻きずしも作ってみました。

目と角はたまごとのりで、口は魚肉ソーセージで、髪の毛は醤油とおかかで、顔は紅ショウガの汁で色をつけて作ってみました。

みなさんはどんな節分をすごされましたか?

今日はそんな節分について書きたいと思います。

1.節分とは

節分は季節を分ける日であり、1年の中でも、特別な節目と考られてます。季節の変わり目、つまり立春、立夏、立秋、立冬の前日を、すべて『節分』といいます。
季節の変わり目には邪気が入り込みやすいとされ、昔は邪気を払い、福を呼び込むための『追儺』と呼ばれる宮中行事が行われていました。この追儺の名残が豆まきだと言われています。もともとは年に4回、行われていましたが、旧暦で新年の始まりと重なることが多い立春の前日が重要視されるようになり、室町時代あたりからは、節分といえば立春の前日だけをさすようになりました。

2.節分に豆がまかれる理由

節分に豆がまかれるのは、豆は米よりも粒が大きく、ぶつけた時の音も大きく、悪霊を祓うのに最適であることや、魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけて魔を滅する(魔滅=まめ)という理由からです。
また、豆まきに使う豆は、炒り豆でなくてはなりません。生の豆を使い、そこから芽が出てしまうと、縁起が悪いとされているからです。また、『炒る』が『射る』にも通じます。
『豆を炒る』=『魔目を射る』で『魔滅』となります。

3.恵方巻きと節分

恵方巻きを節分に食べる由来には、いくつかの説があり、正確な由来は、不明だとされています。
節分の日に、恵方巻きを食べることが全国に浸透したきっかけとなったのは、『セブンイレブン』です。1月~2月初旬にかけて、全国で恵方巻きの販売し始めたことから、関西を中心に全国へ広まりました。

恵方巻きとは、「福を巻き込む」と言う意味があります。福を呼んでくる神様である「七福神」にちなんで、かんぴょう、しいたけ、卵焼き、きゅうり、うなぎ、桜でんぷ、ほうれん草の7種類の食材が使われるのが一般的です。

また、食べ方の作法として、①その年の決まった方角を向く、②無言で食べきる、③切らずに丸かじりする、というものがあります。
恵方巻きを切って食べてしまうと様々な『縁』が切れてしまう、また、無言で食べないと、幸運が逃げてしまうとされています。方位については、次の項目で詳しく書きたいと思います。

4.恵方巻きと方角

恵方巻きは、年ごとに決められた方角を向いて、無言で食べるとされています。その方角は、西暦の下一桁によって決められています。西暦下一桁が『6』『1』は南南東、『7』『2』は北北西、『4』『9』は東北東、『8』『3』は南南東、『5』『0』は西南西 になります。方角は、甲の方角(東北東)・丙の方角(南南東)・壬の方角(北北西)・庚の方角(西南西)の4つだけです。

今年は、2019年。下一桁は『9』のため、方位は東北東(申の方角)でした。

ちなみにこの恵方は初詣でも共通のようで、自宅からその年の恵方にある神社で願い事をすると良いとも言われています。

5.最後に

今回は節分の日の由来ついてと、行事を行う際に豆まきや恵方巻きを使う理由等をお伝えさせていただきました。

長い歴史のある節分の行事ですが、これからも大切にしていきたいものですね。

今回の記事は以上になります。最期まで読んで下さり、ありがとうございました(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする