公園で拾った松ぼっくりでクリスマスリースを作ってみた

こんにちは。なすママです。

11月も今日で終わりですね。

先日、息子達と公園に行った際に松ぼっくりひろいをしてきました。

たくさん拾えたので、クリスマス用のリースを作ってみました。

お安く、簡単に、思っていた以上にかわいいものが作れたので、今回はその作り方をご紹介したいと思います。

松ぼっくりのリースの作り方

材料

今回私が準備したものはこちらになります。

・松ぼっくり

・○松ぼっくりが入る容器(松ぼっくりの下処理に使う用です)

・○松ぼっくりを着色するのスプレー(金・銀色)

・○紙袋、マスク、使い捨ての手袋(スプレーで松ぼっくりを着色する際に使用する)

・○プランター(着色した松ぼっくりを乾かすのに使用する)

・○アクリル絵の具(白)

・○筆

・○パレット

・○グルーガン

・○グルースティック

・●リースの土台

・●飾り

●は今回100均で購入したもの、○はもともと家にあったものになります。

   

ちなみに、今回使ったグルーガンは数年前にダイソーで300円で購入したものです。安いのに本格的で、簡単にいろいろなものを接着できる、とても便利な代物です。金色と銀色のスプレー、アクリル絵の具(白)も昨年100均で購入したものになります。

松ぼっくりの下処理

拾ってきた松ぼっくりは、そのままの状態で置いておくと虫が出てくることがあります。

そのため、加工する前に、下処理をする必要があります。

松ぼっくりを煮沸したり、冷凍したり、レンジでチンしたりと様々な方法があるのですが、今回は量が多かったため、一晩水につける方法を選択しました。

方法は簡単です。ひろってきた松ぼっくりを容器に入れ、そこにひたひたになるまで水を注ぎ、一晩放置するだけです。

とても簡単な方法なのですが、一つ注意点があります。

それは、一晩放置した後の松ぼっくりをよく乾燥させることです。まつぼっくりがしっかり乾いていない状態で加工してしまうと、松ぼっくりがカビたり、腐ってしまうてことがあります。

ちなみに、今回私は、天日干しで4日ほどかけて乾燥させました。

乾燥1日目と4日目の松ぼっくりの写真がこちら。

 

松ぼっくりは湿気を吸うと、傘がとじます。

松ぼっくりを乾燥させるためには数日かかるため、そんな時間はない、すぐに使いたいという方は、レンジでチンする方法がお勧めです。

やり方についてはこちらにわかりやすく紹介されていたので、興味のある方は参考にされてみて下さい。

松ぼっくりに色を付ける

今回はアクリル絵の具と、スプレーで色を付けました。

アクリル絵の具を傘の先端に適当に塗ったものを数個、スプレーを全体にかけ、金色と銀色に着色したものを数個作りました。

スプレーを使い松ぼっくりを着色するときは、紙袋を使うととても便利です。

スプレーが周りに飛び散らず、汚れないですし、スプレーする際にでる、ガスもあまり吸わずに済みます。とはいえ、スプレーの取り扱い説明にも記載されていますが、マスク、保護メガネ、手袋を装着の元、屋外で使用するようにして下さい。

今回は、私は着色後乾燥させる場所にプランターを使いました。

乾燥させるのにかかる時間は使用するスプレーによって異なりますが、私が使用したものは冬場で1~2時間ほどかかると記載がされていました。

土台に飾りをつける

松ぼっくりの塗料がかわいたら、土台に飾りをつけていきます。

配置を考えながら、グルーガンを使いつけました。

グルーガンでなく、針金や紐、ボンドを使い、つけていく方法もあるようです。

完成

完成したものがこちらになります。

今回かかった製作にかかった費用はリースの土台と松ぼっくりの以外の飾りにかかった、400円のみ。

今回私は松ぼっくり以外の飾りは100均で購入したのですが、どんぐりゃ木の枝、ドライフラワー、造花なんかを入れてもかわいいもの作れると思います。また、土台も、段ボールや針金ハンガー、発泡スチロールで手作りする方法もあるようなので、工夫次第で、もっとかわいくそしてお安く作ることもできると思います。

ひろってきた松ぼっくりはまだまだたくさんあるので、時間のあいた時に、今度は息子達と作ってみたいと思います。よい作品ができたときは、また別ページで紹介したいと思います。

今回の記事は以上になります。最期まで読んで下さり、ありがとうございました(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする