カンパチのあらで、夕飯のメイン料理をつくってみた。

こんにちは。なすママ!です。

今日、スーパーにお買い物に行ったところ、お値打ち商品を見つけました。

カンパチのアラです。

今がまさに旬のカンパチ(今回購入したのは養殖ものですが…)。漢字で書くと間八と書きます。

大きな鎌がはいったこの商品がなんと199円。カンパチのアラは、今まで購入したことがなかったのですが、ブリのアラとたいして変わらないだろうと思い、お買い上げしました。

自宅に帰って重さを量ってみると、488gもあり、鎌だけでも211gありました。

今日の夕食に、このアラを使った料理を2品(カンパチの鎌の塩焼きとカンパチのアラ炊き)作ったので、紹介したいと思います。

カンパチの鎌の塩焼き

今回購入した鎌はとても大きかったので、残念ながら、我が家の魚焼き機には入りませんでした。

フライパンで焼くことも考えたのですが、今回はノンフライヤーで焼いてみることにしました。

このノンフライヤーは、半年ほど前に我が家に来ました。購入した時に、2台買うとお得に購入できるというキャンペーンをしており、母の強い薦めで購入しました。購入を決めた当初は、電子レンジや魚焼き器がある我がには必要ないのでは、と私はあまり乗り気ではありませんでした。しかし、使ってみると、とても便利。油を使わずにお肉や野菜を焼いたり、キッシュを焼いたり、トースター代わりにもなったりと、我が家では1日1回は稼働しています。

今までこれを使って魚は焼いたことはなかったのですが、よい機会だと思い、今回はこちらを使ってみることにしました。

レシピも載せてみたのでよかったらご覧になってみて下さい。

 レシピ

  1.  カンパチの鎌の鱗をとり、流水で血合いや汚れ、ぬめりをおとします。
  2.  キッチンペーパーで水けをふきとります。
  3.  鎌の両面に塩をして15分程度おきます。
  4.  鎌の表面に出てきた水けをキッチンペーパーでふき取ります。
  5.  180度で余熱をしておいたカラーラにカンパチを入れ10分焼きます。(焼く時間は鎌の厚みや大きさにもよるので、様子をみて調整してください。)

完成品がこちら

焦げ目がいい感じについて、ふっくらとおいしそうに焼けました。

カンパチのアラ炊き

カンパチのアラ炊きはこちらのレシピを参考にして作ってみました。

冷蔵庫にごぼうと大根とエリンギがあったので、一緒に炊いてみました。

完成品がこちら

茶色一色になってしまいましたが、照りがでて、おいしそうに炊けました。

最後に

カラーラで焼いたことも関係しているのかもしれませんが、カンパチの鎌は、ブリに比べると身が柔らかかったように思います。

また、身には脂がよく乗っていて、コクもあり、とてもおいしかったです。

また、安く販売されていることがあったら、購入したいと思います。

今回の記事は以上になります。最後までご覧下さり、ありがとうございました(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする