必見!妊娠中の歯ケア~妊娠中に虫歯になりやすい理由とその予防法~

こんにちは。なすママ!です。

『妊娠期間中は歯の治療ができないため、妊娠前に虫歯を治しておいた方が良い。』『妊娠中は虫歯になりやすい。』『口の中のトラブルがひどいと早産のリスクが高まる』など、妊娠中の歯にまつわる噂はいろいろあります。

私は3回出産を経験しましたが、長男の妊娠中に1つ、三男の妊娠中にに2つ虫歯ができ治療をしました。

そこで今回は、妊娠と虫歯の関係について、またその予防方法について、私の経験を踏まえて説明したおと思います。

1.虫歯ができる理由

虫歯ができる理由にはいくつかあります。

・歯磨きが苦手

・間食や甘い食べ物が好き

・虫歯菌が多い

・唾液量が少ない

・生まれつき歯の質が悪い

・唾液量が少ない

・詰め物の隙間から虫歯ができる等、理由は様々です。

虫歯菌が多い、生まれつき歯の質が悪い、唾液量が少ない場合などは、食事のたびに、毎日歯磨きをしていても、虫歯ができてしまうことがあります。

2.妊娠と虫歯の関係

2.1. つわりの影響

妊娠初期でつわりがひどい方は特に、食べ物のにおいだけでも吐くことがあります。吐き戻す回数が多いと、胃酸によって歯のエナメル質が溶けます。

妊娠期間中、エナメル質が溶けて歯が弱くなり、歯磨きや口内ケアがおろそかになることで、より虫歯ができやすくなります。

また、つわりがひどい人だと、歯磨き粉の味や匂いを受けつけなくなったり、歯ブラシを口に入れることもできなくなったりします。そのことから、虫歯菌が増えやすい状態になり、虫歯の発症や進行のリスクが高くなります。

2.2. ホルモンバランスの変化

妊娠中のホルモンバランスの変化は、歯周病菌を増殖させるだけでなく、唾液の性質を粘り気のあるものに変化させます。このことが原因で、細菌が活動しやすくなります。

また、妊娠すると唾液の量が減り、口内がアルカリ性から酸性になりやすくなります。酸性の口内は歯の再石灰化の働きが弱くなるため、虫歯になりやすくなります。

2.3. 食事回数が増えるため

つわりで一度にたくさんの量を食べられなかったり、子宮が大きくなって胃が圧迫されたりすると、少量ずつ何度も食事をするようになります。

食事の間隔が短くなり、何も食べていない時間が減り、唾液での中和時間が足りなくなると、口腔内は虫歯が増える環境になるります。

3.妊娠中の虫歯の治療

妊娠中でも虫歯になってしまったら、治療が必要になります。お腹の中に赤ちゃんがいると歯科治療しても大丈夫なのか心配になる妊婦さんもいると思いますが、基本的に治療をしても問題ありません。

3.1. 麻酔について

抜歯などでは麻酔を使用しますが、局所麻酔で使用量も少量なので、赤ちゃんへの影響は心配ないといわれています。

痛みどめの内服について

麻酔の効果が切れた後に痛み止めの薬を服用する点についても、妊娠中であることを伝えれば、影響のない薬を処方してもらうことができます。

3.2. レントゲンについて

レントゲン撮影なども必要に応じて行いますが、口の部分のみに照射し、お腹周りにはカバーをかけるので、問題ないといえます。

3.3. 虫歯の治療時期について

基本的には、妊娠中のどのタイミングでも、虫歯の治療ができます。ただし、妊娠2〜4ヶ月頃の妊娠初期は、つわりで体調が不安定なこともあるため、長時間の治療は避けたほうがいいでしょう。また、妊娠後期に入ると、お腹がますます大きくなり、仰向けの状態で診察台に乗るのがつらくなったり、急にお産の兆候が現れたりすることもあるため、あまりおすすめできません。

おすすめなのは、安定期となる妊娠5〜7ヶ月頃です。この時期であれば、安心して治療を受ることができると思います。

私も、妊娠中に見つかった3本の虫歯は、妊娠5か月~6か月の時期に2~3回通院して治療をしてもらいました。

4.妊娠中の虫歯予防

妊娠中に虫歯を治療した際に、歯科助手の方から、妊娠中に虫歯を増やさない、悪化させないようにするために、次のような予防法の実施を進められました。その詳細を一つずつ紹介したいと思います。

4.1. デンタルフロスを利用する

つわりでうまく歯ブラシを口に入れられない、長時間磨いていられない、というときは、歯ブラシでのブラッシングではなく、デンタルフロスを使った歯間磨きや、うがい薬などを使うのもおすすめです。

また、歯磨きと併用してフロス使うと、虫歯の予防にさらなる効果があります。

4.2. カルシウムやリン、ビタミンAなどを摂る

健康な歯を保つためには、歯の石灰化に必要なカルシウムやリン、歯に大切な栄養素であるビタミンA、C、Dを摂取することが大切です。

※ビタミンAは、レチノールを豊富に含む動物性の食べ物から摂取すると、胎児の奇形を発症するリスクが高まるため、野菜や果物から摂るようにしましょう。

4.3. 糖分の多い物ををダラダラ飲み食いすることは控える

糖分は虫歯菌のエネルギーになってしまいます。口の中に糖分が長い時間あればあるほど虫歯菌にとって住みやすい環境が作られ、虫歯になりやすくなるため、あまり時間をかけて物を飲み食いすることは控えることをおすすめします。

4.4. 食後にキシリトールガムを噛む

キシリトールの含まれているガムなどを噛むと、唾液が出て口の中を健康な状態に近づけてくれます。

4.5. 妊婦歯科健診を活用する

住んでいる地域にもよりますが、母子手帳交付時に妊婦歯科健診の無料受診券をもらえることもあります。歯科へ行って、適切な指導と専門的なケアをしてもらいましょう。

4.6. つわり中の歯磨きを工夫する

つわりがひどくて歯磨きがつらい時は、先ほどお話した、フロスを使用する方法以外にも、以下のようなものがあります。できるものがあれば、積極的に実施してみて下さい。

・ つわりの軽い時間帯に歯磨きをする

・ ヘッドの小さい歯ブラシを使う

・ 歯磨き粉は無臭タイプ、もしくはあまり香りの強くないものを使う

・ 歯磨き粉は使用せずに、ブラッシングだけする

・ 歯磨きできない時はマウスウォッシュやお茶でうがいをする

5.虫歯と早産の関係

歯周病になった妊婦さんは、そうでない一般の妊婦さんに比べて、早産・低体重児のリスクが7倍になるといわれています。これは、タバコやアルコール摂取による早期低体重出産のリスクよりもはるかに大きな数字です。

歯周病によってサイトカインという物質の血中濃度が高まると、子宮収縮が起こり、早産や低体重児のリスクを上げるのではないかと考えられています。

また、出産後はママの唾液を介して赤ちゃんに虫歯菌が移ってしまうこともあるため、虫歯の多いママの子供は、早くから虫歯になる可能性が高いとされています。妊娠期間中からママの虫歯菌を減らすことで、赤ちゃんも虫歯になりにくい体質になるといえます。

6.最後に

妊娠中は、体に様々な変化が起こるため、普段とはちがった体調で生活することとなります。

つわりの時期は満足な口腔ケアができないこともあるかと思います。口腔ケアは、歯ブラシを使わないものもあるので、いろいろ試してみて、実施できるものを見つけてみて下さい。

そして、つわりが終わったタイミングで、歯の健診もかねて、一度歯科を受診されることをおすすめします。

歯や歯肉ケアをし、健康的なマタニティライフを送れるといいですね。

ちなみに、産後と虫歯の関係については、別ページにまとめてあります。もし興味のある方がいらっしゃったら、『必見!産後の歯のケア~産後は虫歯になりやすい!?虫歯予防と治療について~』をご覧ください。

今回の記事は以上になります。

最後までご覧下さり、ありがとうございました(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする