赤ちゃんと授乳中のママとはちみつ ~1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えてはいけない理由~

こんにちは。なすママ!です。

赤ちゃんには、一定の時期まで食べてはいけないとされている食品がいくつかあります。はちみつもその一つとして有名です。

では、授乳中のママは、はちみつを食べても良いのでしょうか?ママが食べてしまったはちみつが、血液を通じて赤ちゃんに移行してしまわないのでしょうか?

そんな疑問をお持ちの方のために、今回は、赤ちゃんがはちみつを食べてはいけない理由や、授乳中のママがはちみつを口にしていいのかなどということを中心についてまとめてみました。

1.赤ちゃんがはちみつを食べてはいけない理由

1歳未満の赤ちゃんがはちみつを食べるといけないという話はよく耳にしますが、いったい何がいけないのでしょうか。

それは、はちみつに、ボツリヌス菌という細菌がはちみつに含まれていることがあるからです。

ボツリヌス菌は自然界に広く存在している菌の一つです。食中毒の原因となる菌の一種で、酸素の少ない環境を好む性質があります。

自然界最強ともいわれる毒性を持っている細菌ですが、健康な大人が食べるぶんには何の問題もありません。しかし、腸内環境が未熟である赤ちゃん(1歳未満)が食べてしまうと、乳児ボツリヌス症を発症することがあります。

乳児ボツリヌス症
生後1歳未満の乳児においては、腸内環境が成人とは異なり、腸管内でのボツリヌス菌の定着と増殖が起こりやすいとされます。ボツリヌス菌は、芽胞(がほう)を形成しますが、この芽胞で汚染された食品を乳児が食べると、腸管内で発芽、増殖して、毒素を産生して乳児ボツリヌス症を発症することがあります。
症状は、便秘が数日間続き、全身の筋力低下、脱力状態、哺乳力の低下、泣き声が小さくなる、特に、顔面は無表情となり、頸部筋肉の弛緩により頭部を支えられなくなるといった症状を引き起こすことがあります。ほとんどの場合、適切な治療により治癒しますが、まれに亡くなることもあります。

消費者庁HPより引用

ボツリヌス菌は、100度程度の熱では長時間加熱しても殺菌することはできません。そのため、はちみつは、少量であっても、加熱したとしても、1歳未満の赤ちゃんに与えてはいけません。

2.はちみつにボツリヌス菌が含まれている理由

ボツリヌス菌は、もともと土などの自然界に生息している細菌です。蜂が蜜を集める際に、蜂の体についた土や、蜂の巣の材料として運んできた土が、はちみつに混ざってしまうことがあります。

はちみつを生成する際には、ろ過して不純物を取り除きますが、完全に不純物を取り除くことはできません。

芽胞

一部の細菌が、増殖に適さない環境になったときに形成する、耐久性の高い特殊な細胞構造。熱・薬剤・乾燥などに強い抵抗力を示し、長期間休眠状態を維持できる。増殖に適した環境になると発芽して菌体に戻る。

出典 小学館デジタル大辞泉

ですが、すべてのはちみつでボツリヌス菌が検出されるわけではありません。検出率は数十%程です。

はちみつを食べてたからといって、必ずしもボツリヌス症になるわけではありません。しかし、ボツリヌス菌が、入っているはちみつなのか、入っていないはちみつなのか、見た目などで判断することはできないため、1歳未満の赤ちゃんには、はちみつを与えないで下さいと、されているのです。

特に、市販のパンやケーキ、クッキー、お惣菜などもにも、はちみつが使われていることがあるため、1歳未満の子供に与えるものに関しては、成分表記を確認するなどして、注意をして下さい。

3.授乳中のママははちみつを食べても大丈夫なのか

授乳中のママが食べたものは、おっぱいを通じて赤ちゃんに移行ます。そのため、ボツリヌス菌が移行してしまうのではないかという心配がでてきます。

しかし、そのような心配はしなくて大丈夫です。

大人は、体内に吸収される前の段階(腸管の上部)でボツリヌス菌を無毒化することができます。そのため、ママがはいみつを食べたとしても、母乳の中に、ボツリヌス菌到達することは、まずないといえます。はちみつの栄養のみが赤ちゃんに移行します。

しかし、非常に稀な例ですが、大人でもボツリヌス症を発症することがあります。腸が弱っていたり、疲れなどから、腸内細菌の数が極端に少なくなっていると、このボツリヌス菌を完全に無毒化できなくなります。

そのタイミングで、たまたまボツリヌス菌が混入してしまったはちみつを食べたり、土を触るようなことをすると、ボツリヌス菌に感染してしまう可能性があります。その場合は、赤ちゃんにも母乳を介して、ボツリヌス菌が移行してしまいます。つまり、状況によっては、感染の危険性はゼロではありません。

稀な事例なので、過度に心配する必要はありませんが、体調の悪い時は、はちみつを食べるのを避けることをおすすめします。

4.はちみつ以外の食品とボツリヌス菌

はちみつ以外にも、ボツリヌス菌が含まれている食品がいくつかあります。

主なものに、黒糖、コーンシロップ、井戸水、自家製野菜ジュースなどがあります。

・黒糖

黒糖はサトウキビをしぼり、不純物を取り除き、そのまま煮詰めて作ります。メープルシロップは木から採取するため、直接何かに触れることはありませんが、サトウキビは土に植えられているものを使用するため、土の中に潜むボツリヌス菌が混入している危険性があると考えられるからです。しかし、実際に今まで黒糖によるボツリヌス菌感染例は1件も発生したことはなく、黒砂糖工業会による過去の分析試験でも、黒糖からボツリヌス菌が検出されたことはないというデータがあります。

・コーンシロップ

コーンシロップ(異性化液糖)は、その名の通りトウモロコシを原料に作られた甘味料です。コーンシロップとボツリヌス菌の関係については関係企業に問い合わせを試みましたが、残念ながら回答を得ることはできませんでした。

・野菜ジュース・井戸水

野菜ジュースや井戸水の事例については、あくまで原因と推定されただけであって、可能性に過ぎません。ただ、ボツリヌス菌は自然界の土や水に存在するため、野菜の表面についた土の中に含まれていたり、井戸水の中に含まれていてもてもおかしくありません。ボツリヌス菌は、120度の加熱でしか死滅しないため、菌が生きたまま赤ちゃんの体内に入る可能性は十分にあり得ます。
ちなみに、水道水は、塩素消毒によって細菌の芽胞を退治しているそうです。

5.はちみつの効能

はちみつは、健康効果と美容効果のある天然食材です。

5.1.栄養的に優れている

はちみつは糖分だけでなく、ビタミンやミネラル、酵素、アミノ酸、ポリフェノールなど多くの栄養分を含んでいます。

5.2.疲労を回復し、脳を活性化する

はちみつは単糖なので、吸収されやすく、直ぐエネルギーになります。はちみつに含まれるビタミンやミネラルが吸収を促進します。

筋肉疲労の回復はもちろんですが、脳を活性化して、機能を高めてくれます。

5.3.便秘を解消してくれる

はちみつに含まれるグルコン酸は、腸の善玉菌を増やして腸内環境を整える働があります。その結果、便秘の解消につながります。

5.4.ストレスを解消して、熟睡できる

ハチミツは甘いため、ストレス解消になります。また、寝る前にハチミツを摂取すると、寝ている間に、脳内にトリプトファンを分泌します。トリプトファンはセロトニンに変わり、精神を安定させるので、熟睡できるようになります。

また、ハチミツには身体を温める効果があります。血行を良くして、冷え症を改善するので、よく眠れるようになります。

不眠や睡眠不足が解消されることは、ストレス解消にもつながります。

5.5.抗菌作用と抗酸化作用で、アンチエイジング効果がある

はちみつは身体を老化させる活性酸素を除去する抗菌作用があります。また、殺菌作用もあるので、細菌が身体の細胞を損傷するのを防ぎます。

5.6.美肌効果がある

はちみつは肌を保湿してツヤツヤにする美容効果があります。食べてもいいのですが、直接肌に塗るはちみつパックが効果的です。はちみつが成分に入っているクリームなど、はちみつ入りの化粧品もオススメです。しかし、授乳中の方は注意が必要です。赤ちゃんがお母さんの肌に触れ、はちみつ入りのクリーム等が手に付き、その手を口に持っていき、はちみつを摂取してしまうこともあります。そのため、赤ちゃんが1歳に満たないうちは、そういったはちみつ入りのクリームなどはなるべく使わないことをおすすめします。

6.はちみつを摂取する際の注意点(ボツリヌス菌関連以外)

はちみつには、いろいろな効能がありますが、注意も必要です。

6.1.ハチミツも糖分である

糖分をあまりにも多く摂取すると、腸内の悪玉菌が増えたり、膵臓の負担がかかります。また、血糖値を下げるために、膵臓からインシュリンが分泌され、余分な糖分が脂肪に変わり、体に蓄積されてしまいます。

はちみつは熱いお湯に溶くと、甘さが感じられなくなるため、取りすぎてしまうことがあります。紅茶などに入れる際は、特に注意して下さい。

はちみつの1日の摂取量は年齢、体格、体質にも左右されますが20g程を目安にされるとよいかと思います。

6.2.はちみつでアレルギーを起こす人がいる

アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患のある人は、ハチミツには注意が必要です。アレルギー疾患のある人は、アレルギー反応を起こしやすい体質です。

また、花粉症の人も、注意が必要です。はちみつはミツバチが集めた花蜜からつくられるため、花粉やミツバチの分泌物が混じっています。はちみつに混じっている花粉や蜂の分泌物が原因で、蜂蜜アレルギーが起こることがあります。

今まで、はちみつを食べていて何でもなくても、突然、アレルギー反応が生じ、アナフィラキシーショックが起きることがあります。

過度に怖がる必要はありませんが、一つの知識として理解しておいてください。

7.最後に

はちみつは、毒性の強いボツリヌス菌が含まれている可能性のある食品です。そのため1歳未満の、腸内環境が未発達の赤ちゃんには食べさせてはいけない食品です。

ボツリヌス菌は、自然界のあらゆる場所にに生息しているます。

また、熱や乾燥に強い芽胞の状態では、100度以上で数分間加熱しても、熱処理できないため、自宅の加熱調理器具等で、ボツリヌス菌を死滅させることは難しいです。

乳幼児ボツリヌス症を発症してしまうケースは、1歳未満の赤ちゃんが直接ボツリヌス菌を含むものを口にした場合のみです。そのため、ママは授乳中でも、はちみつを食べても問題ないといえます。

気を付けなければならない点もありますが、はちみつは、栄養価が高く、体によい良い成分もたくさん含まれた、すぐれた食べ物です。正しく理解をし、食生活に取り入れてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする